会員登録

就職ノウハウ

「法科大学院修了生の就職活動FAQ」まとめ

Q.どういった場面で「法科大学院修了生の就職活動FAQ」の各コンテンツを読めばいいか、場面ごとに紹介してください。

A.

ご自身の置かれたご状況に合わせて、以下からご参照ください。

 

 

■就職活動を開始するか否かを検討している段階

 

 

就職活動を始める法科大学院修了生が最初にやるべきこと

就職活動をやりたいけど、まず何から始めたら…という疑問を解消したい方にお薦めです。

 

法科大学院修了生の就職活動ロードマップ

法科大学院修了生の就職活動の全体像を捉えたい方に向けての記事です。

 

法科大学院修了生の就職活動・年間カレンダー

季節・月により、法科大学院修了生の応募できる企業数やライバル数はどのように変化して行くかを解説した記事です。

 

司法試験に三振すると、どんな未来が待っているか

司法試験に三振した方のキャリアパスや就職市場からの評価を考察しました。

 

法科大学院修了生の就職活動と年齢

ご自身の年齢が就職活動にどのように影響するかは気になるところ。その「年齢」にスポットライトを当てた記事です。

 

そもそもの話、「就職活動」とは何か?

抽象的な言葉である「就職活動」を定義し、どのベクトルに向かって努力を行うべきかの指針を示す記事です。

 

数字で読み解く、法科大学院修了生の就職活動スケジュール

就職活動における選考フロー(書類選考→一次面接→筆記試験→最終面接)ごとに、選考日数・選考通過率・所要時間等を解説しました。

 

法科大学院修了生の就職進路

企業に就職した法科大学院修了生達がどこに就職し、どのようなキャリアを歩んでいるのかを解説する記事です。

 

法科大学院修了生が人材紹介会社を利用するメリット

多くの人にとって耳馴染みのない「人材紹介会社」がどのようなサービスを提供し、法科大学院修了生にとってどのような利用メリットがあるのかを説明します。

 

 

 

 

■就職確率を上げるためにお薦めの活動

 

 

法科大学院修了生の就職活動と英語力

就職活動を勝ち抜く上で、どのくらい英語学習にパワーを割くべきかという疑問を解消する記事です。

 

法科大学院修了生の就職活動とアルバイト

就職確率を上げるうえで、どのようなアルバイトが有効なのかを考察しています。

 

More-Selectionsでのインターンシップ

企業内で働いた経験の有無は、多くの方の想像以上に企業側からの選考評価を左右します。手軽に企業内で働く経験を積む手段である弊社のインターンシップについて紹介しています。

 

【法務を知る】契約法務とは?

企業法務への深い理解は、法務職への志望度を示す上で不可欠です。この記事では、多くの企業で法務職のメイン業務となっている「契約法務」について解説しています。

 

【法務を知る】株主総会対応とは?

企業法務への深い理解は、法務職への志望度を示す上で不可欠です。この記事では、「株主総会対応」について解説しています。

 

【法務を知る】コンプライアンス対応とは?

企業法務への深い理解は、法務職への志望度を示す上で不可欠です。この記事では、ややイメージの湧きづらい業務である「コンプライアンス対応」について解説しています。

 

❼【法務を知る】訴訟対応とは?

企業法務への深い理解は、法務職への志望度を示す上で不可欠です。この記事では、「訴訟対応」について、弁護士業務と比較しながら解説しています。

 

 

 

 

■応募書類作成

 

 

法科大学院修了生の書類失敗パターン

法科大学院修了生がやりがちな「評価を下げる書類」のパターンを厚く解説しています。

 

法科大学院修了生が応募書類作成時に避けるべき文章パターン

「文章の書き方」に焦点を当てて、応募書類作りの注意点を解説した記事です。

 

志望動機作りの注意点

多くの方が苦手意識を持つ「志望動機」の書き方について考察してみました。

 

法科大学院修了生と職務経歴書

職歴のない法科大学院修了生は職務経歴書を書くべきか、書くとしてどのような内容を書くべき。こうした疑問にお答えする記事です。

 

 

 

 

■応募先企業選び/応募手続き

 

終身雇用の終焉と法科大学院修了生の就職先選び

終身雇用の終焉という大きな社会変化を受け、これから社会に出る法科大学院修了生がどのように就職先選びを行うべきかを考察しました。

 

人気企業に入社したい法科大学院修了生

新卒大学生の選ぶ人気企業ランキングに出てくるようないわゆる“人気企業”への入社を希望する法科大学院修了生は少なくありません。この記事では、そうした“人気企業”に就職することの是非について考察しました。

 

応募先企業の選定方法

「求人をもらったものの、どのような基準で応募する企業を選べばよいかがわからない」。そんな疑問にこたえる記事です。

 

法科大学院修了生の平均応募社数

一般的な法科大学院修了生が何社くらい応募すれば内定が獲れるかを解説しています。

 

法務部に就職するための競争戦略

法務経験者や法科大学院修了生との競争環境下で、法科大学院修了生がどのような戦略で就職活動を行うべきかを解説する記事です。

 

❻地方求人の魅力

大多数の法務求人が首都圏や都市圏に集中している一方で、たまに地方の法務求人を見かけることがあります。この記事では、そうした地方求人の魅力について掘り下げています。

 

法科大学院修了生向け法務求人と雇用形態

法務求人の中には、たまに、契約社員や紹介予定派遣という雇用形態のものがあります。こうした求人のメリットデメリット、募集背景などを解説します。

 

❽中途採用枠における「応募期限」

明確な応募期限が示されている新卒枠や公務員試験と異なり、中途採用枠の選考においては応募期限が明示されません。この記事では、中途採用枠において「応募期限」をどのように考えるべきかを解説しています。

 

 

 

 

■面接の日程調整

 

 

法科大学院修了生と面接日程の調整

面接日程の調整において注意すべき点を詳細に挙げています。

 

複数企業間での面接日程の調整

就職活動が順調に進むと、複数企業と同時並行で面接日程の調整を行う場面が出て来ます。この記事では、そうした場面での面接日程の調整方法について解説しています。

 

 

 

 

■面接対策

 

法科大学院修了生が面接に向けて行うべき準備

法科大学院修了生に特化した面接対策を紹介します。

 

法科大学院修了生の面接で聞かれる質問

法科大学院修了生が面接中に頻繁に聞かれる質問をまとめました。

 

法科大学院修了生の面接失敗15パターン

法科大学院修了生がやりがちな面接失敗事例をまとめてあります。

 

[面接対策]10年後のビジョンの描き方

法科大学院修了生が最も苦手とする質問と言っても過言ではない「10年後のビジョンを教えてください」という質問への回答方法について考察してみました。

 

法科大学院修了生のための役員面接対策

就職活動の最終関門である役員面接の特徴と注意点をまとめた記事です。

 

法務部で働きたい法科大学院修了生がアピールすべき強みとは?

法科大学院修了生の持つスキル・知識のうち、どのスキル・知識がどのくらい法務業務に生かせるのかを解説しています。

 

法科大学院修了生が語るべき「法務職の志望理由」

「なぜ法務職を志望するのか?」という頻出の質問に対して、どのように回答するかを考察していきます。

 

法科大学院修了生が面接で言ってはならないNGワード

面接で口にした途端に致命的にネガティブな評価をもたらすNGワードがあります。この記事では法科大学院修了生が口にしがちなNGワードをまとめてみました。

 

 

 

■採用基準を知る

 

法科大学院修了生が応募する「ポテンシャル採用枠」の選考基準

ポテンシャル採用枠の選考を行う際に、企業側が何を基準に選考を行うかを解説していきます。

 

法科大学院修了生に求められるコミュニケーション能力

多くの企業が求める「コミュニケーション能力」の正体を考察した記事です。

 

面接における愛嬌の重要性

地頭の良さをアピールし、スマートな振る舞いを行っているのに良い結果が出ないという法科大学院修了生は少なくありません。この記事では、面接における愛嬌の重要性について解説しています。

 

企業が応募者に求める「素直さ」の正体

ポテンシャル採用の際、多くの企業が「最重要選考基準」に位置付けている“素直さ”。ここで言う“素直さ”が何を指すのかを考察していきます。

 

面接突破に必要な傾聴力

面接で良い評価を得るためには、単につつがなく話すだけでは不十分で、“聴く姿勢”が重要になります。この記事では、面接で評価される「傾聴力」に焦点を当てて解説していきます。

 

法科大学院修了生が意識すべき、「法務担当者像」のトレンド変化

昨今、企業側が求める法務担当者の人物像が変化しています。この記事では、現在の法務担当者像のトレンドをご紹介します。

 

法科大学院修了生とコンピテンシー面接

近年、「コンピテンシー面接」という面接手法が流行しています。この記事ではコンピテンシー面接の特徴や注意点を解説します。

 

企業が求める「コスト意識のある人材」とはどんな人材か?

「コスト意識のある人材が欲しい」とおっしゃる人事の方は少なくありません。この記事では、この「コスト意識」に焦点を当てて考察していきます。

 

企業が応募者に主体性を求める理由

企業の人事担当者は「主体性のある人材が欲しい」と口を揃えて言います。この記事では、企業が「主体性」を求める理由を考察しつつ、「主体性」をどのようにアピールするかを紹介していきます。

 

 

 

■筆記試験

 

法科大学院修了生の選考と「筆記試験」

未知の要素の多い、企業が課す「筆記試験」についてまとめました。

 

 

 

■面接当日

 

法科大学院修了生の身だしなみ失敗事例

残念ながら、たまに、身だしなみの悪さを理由に落選となる法科大学院修了生がおります。この記事では、法科大学院修了生の見出し失敗事例を集めてみました。

 

面接の持参物

企業側から持ち物の指定がない場合に、何を持参したらよいかをご紹介します。

 

担当者名がわからないときの受付方法

担当者名を教えてもらえていないケースでの受付方法について解説しました。

 

希望年収に関する質問への答え方

答えにくい「希望年収」に関する質問に対し、どのように回答するかを考察しています。

 

法科大学院修了生のための面接前の緊張対策

面接における最大の敵「緊張」への対策について考察してみました。

 

 

 

 

■就職活動がうまく行かない時期

 

 

就職活動で落ち込む法科大学院修了生に持って欲しい心構え

就職活動が不調な時期にどのような心構えでいるべきかを紹介しています。

 

法科大学院修了生の就職難易度と就職対策

法科大学院修了生の就職難易度を考察しつつ、就職活動がうまく行かないときの活動方針の策定について解説しています。

 

法科大学院修了生の面接失敗15パターン

法科大学院修了生がやりがちな面接失敗事例をまとめてあります。

 

応募した企業から選考結果が届かない理由

残念ながら、応募したにも関わらず何の音沙汰もない企業が相当数あります。そうした企業の内部で何が起こっているのかを解説します。

 

法科大学院修了生が書類選考で落選となる理由

応募をしたにも関わらず、書類選考で落選が続くケースがあります。この記事では、応募者が書類選考で落選となる理由について考察します。

 

法科大学院修了生がホワイト企業に入社する方法

多くの法科大学院修了生が希望する「ホワイト企業」に入社できるのはどのような人材なのかを解説します。

 

面接で自信を示すために「正真正銘のプライド」を持とう

面接では、適切な自信を示すことで、企業側の採用意欲を後押しすることができます。この記事では、良い自信を持つ方法について解説していきます。

 

法科大学院出身者の就職活動と「中退」、「留年」、「浪人」

法務のポテンシャル採用において、「中退」、「留年」、「浪人」という経歴がどれほどの悪影響に繋がるかを解説します。

 

 

 

 

■進路の決断/入社準備

 

 

法科大学院修了生の就職先選びと親世代の助言

就職進路を選ぶ上で、何を基準に選ぶべきなのか。親世代の助言にどのくらい耳を傾けるべきなのかを解説します。

 

法科大学院修了生の内定受諾と「合格発表」、「就職活動の継続」

いざ内定を受諾し就職先が決まったものの、その後に司法試験合格という結果が出て、即座の退職を検討する方、より良い選択肢も求めて就職活動の継続を検討される方などがおられます。この記事では、そうした悩ましい場面でどのような選択を行うべきかを考察します。

 

試用期間で切られる法科大学院修了生の特徴

就職後に、最初に訪れる関門が「試用期間」です。この「試用期間」で契約を切られないために注意すべき点を解説します。

 

 

これから就職する法科大学院修了生のための「失敗」への向き合い方

就職後は、不慣れな業務の連続で「失敗」を重ねることが想定されます。そんなときに、どのような姿勢で「失敗」に向き合うべきかを解説します。

 

 

 

ページトップへ