会員登録

法務派遣

「お金を稼ぎながら“実務経験”という圧倒的な武器を作れる」、それが法務派遣の魅力です。司法試験受験と並行しながらまとまった金額を稼ぎたい方、司法試験撤退後の保険として実務経験を積んでおきたい方、他の法科大学院修了生・予備試験経験者と差別化する武器を作って良い就職先を見つけたい方などに最適な選択肢になると思います。

「法務派遣」の魅力

1.就職活動を勝ち抜く上での強力な武器を手に入れられる

派遣での法務経験は、高い学歴や英語力・年齢の若ささえも凌駕する強大な武器になります。職務経歴書の見栄えが格段に良くなりますし、面接での言葉の説得力が違って来ます。人づてに聞いた話や想像でしか法務の仕事を語れない未経験者との差は歴然です。そのため、軒並み法務経験ゼロの法科大学院修了生・予備試験経験者の中にあって、例え短期であっても、「法務の経験が有る」という事実は、高い学歴・TOEICの点数以上の強力な差別化のツールとなります。現に、30代・英語力なしという状態から、3ヶ月の法務経験を武器に、20代高学歴高英語力のライバルに次々と完勝して内定を勝ち取った方が既に出て来ています。また、法務派遣の経験後は、応募可能な求人も増え、派遣経験前のご自身では内定の目が全くなかった人気企業・条件面が良い企業からの内定も期待できるようになります。企業が求めるものが「実務経験」ならば、「実務経験」を積みに行くことこそが、最も適切かつシンプルな答えなのではないでしょうか。

2.受験生活・就職活動長期化へのリスクヘッジになる

司法試験受験や就職活動が長引き、未経験のまま、ただ年齢だけ上がって行くことは、加齢による人材価値低下のリスクをはらんでいます。感覚値になりますが、就活市場においては、20代で年間に約8%ずつ、30代で約14%ずつ人材価値が下がって行くイメージがあります。そして、残念なことに、法科大学院修了生・予備試験経験者の方の中には就職活動に1年以上かかってしまう方も相当数おります。33才の方が司法試験受験や就職活動だけをやり続けて34才になった場合、1年前に100だった人材価値が86まで下がることになりますが、33才の方が法務派遣をやり続けながら受験勉強や就職活動を行い、1年が経過したときには、34才・法務経験1年の法務経験者にクラスチェンジすることになります。その際の人材価値は1年前の2~3倍は見てよいのではないでしょうか。そこまで人材価値を上げておけば、法務経験者が売り手市場の今、就職に困ることはまずありません。このように、法務派遣で経験を積みながら、日々、ご自身の人材価値を高めて行くことは、大げさでなく、「人生のリスクヘッジ」になると言えます。

3.お金が稼げる

司法試験を受験中の法科大学院修了生・予備試験経験者の中には、毎月決まった金額を家計に入れなければならない方もおられると思います。また、就職活動を行う上でも、当面の生活費や交通費、スーツ代、鞄代、靴代、クリーニング代など、何かと出費はかさむかと思います。その点、「法務派遣」では、一般的なアルバイトよりも、高額な時給をもらえる可能性が高いため、生活費や就職活動資金を稼ぐという観点からメリットがあります。また、派遣就業までのハードルも、実務経験のなさを指摘されがちな正社員求人と比較して5分の1くらいと、決して高くはありませんので、比較的早期に月20万円前後(週5日フルタイム就業時))を稼ぐことが可能です。数ヶ月働いて数十万円のお金をためてから、手にした法務経験を武器に就職活動に専念することも出来ますし、受験中の方も、数ヶ月働いて教科書・参考書代・予備校代等を稼いだ後に、勉強に専念するというやり方も可能です。

「法務派遣」の仕事内容

派遣における「法務職」の業務は、契約書のレビューやドラフトといった契約法務を中心に、企業のニーズによっては、社内法律相談、コンプライアンス関連業務、総会対応、上場準備、社内規定関連業務、内部統制、BCP、知的財産業務、M&A関連業務などを任されるなど、多岐にわたります。正社員とそれほど大差のない範囲で業務を任せる企業も少なくなく、「実務経験を積む場」としては、かなり理想的です。

法務における派遣というキャリア

世間では、一度派遣になると派遣から抜け出せないといったネガティブな声が聞こえます。たしかに、一部の職種や業種においては、それが当てはまるケースもありますが、こと、「法務職」においては、それは当たらないというのが、これまで多くの法務担当者の転職支援を行ってみての実感です。法務職が専門職であるため、転職活動においては、どういう雇用形態で働いていたかよりも、どういった業務をしていたか(仕事の内容)が重視される傾向にあるからです。
実際、弊社では、法務担当者との交流会を頻繁に開催しておりますが、そうした場にも、派遣での法務の経験を買われて、その後に素晴らしいキャリアを築いておられる方が少なくありません。
そうした事情も、今回、弊社で派遣免許を取得するにあたり、後押しとなった要因の一つとなります。

派遣という選択肢の利用方法

1.司法試験との並行

司法試験を続けながら働きたいというお声をよく聞きますが、正社員として働きながら、司法試験の受験を許してくれる企業はほとんどないと言っても過言ではありません。しかし、派遣であれば、司法試験と並行して働くことを許してもらえる案件が多数あります。また、正社員であれば週5日勤務という形になりますが、最近は週3日勤務が可能な派遣案件、時短勤務が可能な派遣案件も増えておりますので、勉強時間の確保という面でも法務派遣にはメリットがあります。さらに、司法試験の数ヶ月前に契約を終了してそこから勉強に専念するというやり方もありますので、お金を稼ぎつつ勉強時間も確保したいという方にとって有力な選択肢になるかと思います。

2.就職活動を有利に進めるためのツールとして

「法務実務経験」という就職活動を進める上で圧倒的に有利となる武器を手に入れることが出来ます。過去に、法務のバイト(わずか週1日、3ヶ月間)の経験があることが決め手となって内定を獲得した方がおられるくらい、企業は企業内での実務経験を高く評価します。実際、法務派遣を6ヶ月以上経験した法科大学院修了生・予備試験経験者が正社員就職するときの平均年収は未経験の法科大学院修了生・予備試験経験者の初年度平均年収よりも50万円以上高いものとなっています。「準法務経験者」として、未経験のときよりも幅広い選択肢の中から、より良い条件の企業に正社員として就職するというルートマップは、今後、司法試験経験者の方の中で有力な就職ルートとなって行くと思われます。また、特に正社員登用を前提としていない一般派遣においても、働きぶりを見てもらう中で正社員に登用されるケースも少なくありませんので、そういった観点からも、法務の派遣を経験することで法科大学院修了生・予備試験経験者の就職選択肢が増えることは間違いないかと思います。

3.正社員前提の紹介予定派遣に絞った活用

紹介予定派遣は、正社員求人でいう試用期間部分を派遣社員として働く派遣形態です。企業にとっては、通常の試用期間よりも契約を終了させる心理的ハードルが低い分(試用期間での雇用契約終了は労務紛争となるリスクが高いため…)、未経験の方でも思い切って採用できるというメリットがあります。そのため、選考のハードルが下がることが多く、就業開始までのハードルが低い点が法科大学院修了生・予備試験経験者にとってメリットとなります。正社員登用確率も相応に高く(当社実績では約9割ほど)、万が一正社員に登用されなかった場合でも、最大6ヶ月の実務経験が手に入りますので、その後の就職活動が圧倒的に有利になります。さらに、紹介予定派遣を受け入れる企業側の視点に立ちますと、派遣期間終了後に優秀な人材と評価して採用を試みた場合でも、「待遇・条件が事前の説明と違った」、「就業環境が悪い」などの理由で、人材に逃げられるリスクがありますので、ある程度、自社の就業環境に自信がある企業でないと、紹介予定派遣の受け入れはリスクが大きいことになります。そうした背景もあってか、紹介予定派遣を活用する企業は、いわゆる優良企業と呼ばれるところが多いのも特色です。優良企業で正社員として法務職に就きたい方にとっては、紹介予定派遣は、有力な選択肢となります。

法務派遣ご利用者の声

東京都 メーカーにて派遣中 K様

就活をする上で、自分には武器が何もないと感じ、法務の派遣を経験することにしました。まだ始めて2ヶ月ほどですが、書類選考の通過率が前とは段違いに変わって来ています。確実に書類の見栄えは良くなっているので、面接準備に全力を尽くし、このチャンスの波をものにしたいと思います!!

東京都 マーケティング会社にて派遣中 O様

契約書のチェックや法律相談を中心に行っています。法務は完全未経験でしたが、事前にMore-Selectionsで実務研修を受けて行ったので、未経験からでもそれほど問題なく業務に入って行けました。自社営業マンとの駆け引きなど、実務に出てみないと体験できないことも体験でき、非常に有意義な時間を過ごしています。

大阪府 エネルギー系企業にて派遣中 H様

年齢が30代半ば、しかも職歴なしということもあり、それまで応募できる正社員求人がほとんどない状況でしたが、法務派遣を始めてからは社会人経験が求められる求人にも応募ができるようになり、手応えを感じています。職場の人もみんな親切で丁寧に教えてくれるので、非常に働きやすいです。

大阪府 IT企業にて派遣中 M様

働きながら司法試験の受験を継続したいという思いで法務派遣を始めました。通常の正社員求人ですと、残業との兼ね合いで勉強時間の確保が難しそうだったのですが、今の派遣先は、ほとんど残業がないため、平日でも一日4~5時間は勉強が出来ています。この調子で5月まで頑張ります。

法務派遣のお問い合わせ

「法務派遣」に関心がおありの方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。
その後のお手続きに関するご案内をお送り致します。
(法務派遣以外に、在宅で出来る執筆アルバイト求人もあります。
そちらに関心がおありの方も以下よりお問い合せください。)

お問い合わせフォーム
ページトップへ