法科大学院修了生(ロースクール生)、司法試験・予備試験経験者、司法修習生の就職支援::Legal Map

ページトップへボタン


人事担当職に就職(28歳 男性)


インタビュー


More-Selectionsのキャリアカウンセリングを経て、人事担当職に就職されたA様に、インタビューをさせていただきました。

インタビュアー:吉田(株式会社More-Selections専務取締役)




吉田
ご就職おめでとうございます。

Aさん
ありがとうございます。

吉田
早速、インタビューを始めさせてください。Aさんは、司法試験の合格発表後、すぐに就職活動をしないで当社にてインターンをされていましたね。それは、なぜですか?

Aさん
「就職活動が長くなることを覚悟した方がいいですね…」 初めてMore-Selectionsでカウンセリングを受けたときに吉田さんから言われたこの言葉がインターンを始めるきっかけになりました。
就職活動を長期化させる要因(「司法試験受験生っぽさ」)を多く持っていたからだと思います。 就職活動を始めるにあたって、その資質を改善するために、中途半端に企業への応募を続けるよりは、まずはMore-Selectionsでのインターンに集中した方が良い成果を得られると判断しました。
結果は、まさに判断した通り、インターンの経験は本番の面接でおおいに役立ちましたし、本格的に就職活動を始めて2週間ほどで内定を頂くことができました。

吉田
自分の「課題」を認識して、改善するために行動された結果ですね。Aさんは、就職活動途中で希望職種が営業に変わりました。なぜでしょうか?

Aさん
実際にMore-Selectionsで営業の経験をしたことが企業職種を変更したきっかけになりました。
それまで営業という職種に抱いていた漠然としたイメージとは異なり、論理的思考と行動力が要求される職種であることがわかり、意識の持ち方次第で得られる経験が大きく変わることを体感しました。
営業という職種でキャリアを積むことが自身の成長にとって有意義だと思い営業職を希望しました。

吉田
就職活動で一番悩んだ点は何かありましたか?またそれを、どのように解決しましたか?

Aさん
一番悩んだのは、面接です。 「情熱」や「覇気」といった面接で有利となる要素を効果的にアピールすることができないという点が最大の悩みでした。 それが自分の欠点であることを吉田さんとの面談を重ねることで自覚するようになりました。 私は自分のこの欠点については、対策を練って準備する、これ以外に解決の方法はないと思いました。 そして、More-Selectionsで面談・模擬面接を重ね、面接のノウハウを学ぶことで改善することができました。

吉田
これまでの就職活動で一番印象に残っていることはなんですか。

Aさん
More-Selectionsでのインターンシップが一番印象に残っています。 ベンチャー企業ならではのスピード感と経営者との距離の近さから、日々新鮮な発見がありました。 More-Selectionsでのインターンを通じて法務以外の職種に対する興味を持つようになれましたし、新たな自分の発見というと大袈裟かもしれませんがいろいろな事にチャレンジしてみようと思うきっかけになりました。

吉田
就職活動中に読んで為になった本はありますか。

Aさん
渡瀬謙『内向型営業マンの売り方にはコツがある』です。 あたりまえと思い込んでいる前提・条件を疑いなさいということは、多くのビジネス本でも指摘されていることではあります。 優秀な営業にとっては不可欠の要素と思われがちな「明るさ」という資質とは反対の要素をもつ「内向型営業マン」に可能性を見出す本書はその姿勢を端的にあらわすものだと思います。 法律の知識があるから法務にいきたいというという希望が思い込みや漠然としたイメージに基づくものでないかということを考え直してみるきっかけになる本でした。

吉田
就職活動を振り返って、ここはこうしておくべきだったという点はありますか。

Aさん
結果的に短期で就職先を決定することになり、最終的に応募した企業が6社であったという点が多少悔やまれます。 多くの企業に応募することは、見識の広がりや自身の希望・キャリアプランを考え直す機会になると思っているからです。

吉田
最後に就職活動中の方に一言。

Aさん
就職活動は自分を見つめなおす良い機会になったと思います。 私自身も就職活動を始めたときには法務以外の職種で就職することになるとは思ってもいませんでした。 思い込みやイメージで選択肢を絞るのは自分自身で可能性を減らしてしまうことになりかねません。 また、企業が採用の条件として要求する「年齢」や「経験」は絶対の条件ではないはずです。 あらゆる可能性を考慮して就職活動を行ってください。

インタビューを終えて

Aさんは、当社のインターンシップを経験された方のなかでも、特に「変化」のあった方です。仕事に対する考え、行動力、発言など、全てが改善されました。 それも、実際に当社にてインターンという実行する場において、「考えて行動する」を軸に努力された結果であると思います。 就職された企業様において、とても重要なポジションをお任される予定であるため、是非、がんばっていただきたいと思います。

司法試験経験者の内定までの道のりに戻る



インターンシップ生募集中


フリーダイヤル


法務派遣


TKC

LINEで送る

legalmapをフォローする


メールマガジンの登録     バックナンバー

司法試験受験生、ロースクール生、司法修習生の就職支援実績

内定者インタビュー

就職したその後の活躍

突撃!法務インタビュー

面接官インタビュー


就活虎の巻




法務経験者向けのサービス

Legal Map Career リーガルマップキャリア
実務経験者の方はこちら

企業法務ナビ


出版のお知らせ


英治出版より出版しました。