司法試験経験者、法科大学院卒業生(ロースクール卒業生)、司法修習生の就職支援::Legal Map

特許事務所に就職(20代 女性)


インタビュー


More-Selectionsのキャリアカウンセリングを経て、特許事務所に就職されたA様に、インタビューをさせていただきました。

インタビュアー:吉田(株式会社More-Selections専務取締役)




吉田
本日は宜しくお願い致します。
さっそくですが就職活動の期間と、就職活動を終えた現在の感想についてお聞かせください。

Aさん
まず期間ですが、 約3か月半就職活動を行いました。初期のころは少しずつ就活の本を読んだり履歴書の作成をしたりしながら、他のことも並行して行っていたので、なかなかペースが上がりませんでした。本格的に始めてからは2か月くらいでした。特に履歴書と職務経歴書(自己PR)を最初に作成するのに時間がかかりました。何をPRすればよいのかがわからなかったからです。
次に感想ですね。最初はなかなか書類が通らず面接が少なかったのですが、後半は急に書類が通り始めて一日に二社まわることもあり、段階によって急に状況が変化するのだなと感じました。初めのうちは手探りで、就活サイトを見たりいろいろな人材紹介会社や派遣会社に登録に行ったりしていましたが、あまり効率的でないと思うことも多々ありました。それでも、行動を起こしていく中でひとつひとつヒントが得られ、応募する企業の見つけ方やアピール方法がわかってくるなど、就職活動の方法が磨かれていったように思います。

吉田
次に応募についてお聞かせください。応募する企業、応募しない企業をどのように決めていたのでしょうか。

Aさん
法律を学んできた経歴と英語力を活かせるかという観点で決めました。結局、企業の法務部、法律事務所のパラリーガル、特許事務所の特許事務、シンクタンクといった職種を軸に置いて応募し、企業については、業界は特にこだわりませんでした。特に法務部の応募は多くはないので、法務の募集をしている企業を見つけたらほとんどは応募していました。
一方で、ある程度熱意のこもった志望動機がどうしても書けない企業には、あえて志望動機を作りこむことはせずに、応募を断念しました。

吉田
Aさんには弊社のサービスも積極的にご利用頂きましたね。

Aさん
More-Selectionsさんのサービスでは、セミナーとぶるぺんカフェを利用させていただき、登録時の面談でもたくさんのアドバイスをいただきました。

                    

吉田
もしよろしければ弊社サービスを利用された感想をお聞かせください。まず登録時の面談はどうでしたか。                     

                    

Aさん
登録時に吉田さんに面談をしていただきました。履歴書と職務経歴書についてアドバイスをいただいたのですが、そこで指摘していただいた箇所を修正してから、書類選考通過率が格段に上がった気がします。
自分では、自分の経験の中でどのエピソードが人事の方の心に響くのかはわからなかったのですが、吉田さんとお話ししていく中で、私が注目していなかったあるエピソードがアピールになると指摘していただき、とても参考になりました。司法試験経験者というご経歴もあって、カウンセリング全体に温かさを感じましたし、具体的に長所を指摘していただいたりもして、それ以降前向きに就職活動をすることができた点もとても感謝しています。
他社の人材紹介会社にも行ったのですが、短期のインターン以外の職務経歴がない点で非常に厳しいというお話はどこもされるのですが、では具体的にどうしていったらいいかということをカウンセリングして下さったのは、More-Selectionsさんだけでした。

                    

吉田
参考になったようでよかったです。次に無料就職セミナーつにいてお聞かせください。

                    

Aさん
司法試験経験者に特化した就職活動のノウハウがたくさん詰まっていて驚きました。
就職活動を始めて少し経ってからセミナーに参加させてもらったのですが、それまで手探りで一般の転職サイト等を利用して活動する中で、司法試験経験者ならではの特殊な立場(職務経験なし、新卒でない等)から限界を感じていました。
特に司法試験経験者が人事の方にどういう印象を持たれているのか、どのような情報源を利用するといいのか、自己PRには何を書けばいいのかという点がとても参考になりました。それらについて知ることで、どのような職務経歴書や志望動機を書けばいいのか、面接では自分のどのような面を見せればいいのか方向性を掴むことができました。

                    

吉田
最後に、直接的な弊社サービスというわけではありませんが、ぶるぺんカフェについてもお聞かせください

                    

Aさん
ぶるぺんカフェでは、複数の企業の法務担当の方にお話を聞けたので、一つの疑問に対していくつもの観点からの回答をいただけてとても勉強になりました。
法務の具体的な仕事内容のほか、どのように就職活動を進めていき、何を改善したら上手くいくようになったのかといった経験談もとても参考になりました。新卒の就職活動と違って、OB訪問をするにも情報が足りずなかなか難しい面があるので、このような機会をいただけて有難かったです。

吉田
ぶるぺんカフェ代表の吉野が聞いたら喜ぶと思います。
それでは次に仕事内容についてお聞かせください。特許事務所では具体的にどのような業務に携わっているのでしょうか。

Aさん
特許法律事務所で、日本で取得した特許を外国に出願するための手続きを担当しています。条約に基づく国際的な特許制度や、各国の特許制度について学ぶことができて面白いです。

吉田
充実されているようですね。社会人と司法試験受験生とは何が違うと思われますか。

Aさん
社会人は仕事につき、他人に対して一定の責任が生じる点が、受験生とは異なると思います。

吉田
なるほど、「責任」ですね。では司法試験を勉強していて良かったと思うことがあれば教えてください。

Aさん
新しく社会の仕組みなどを学ぶときに、法律という軸を持っていることで、その軸をもとに知識を整理していける点はよかったと思います。例えば特許制度を学ぶときには、行政法の考え方や民法の知識が、制度の内容や趣旨を理解する上で枠組みを与えてくれている気がします。

吉田
就職活動中にしておいた方がよいこと等あれば教えてください。

Aさん
自分が何に価値をおいて、どのようなキャリアを目指すのか、どのようなライフスタイルを選ぶのかを考えることですね。

吉田
社会人になって良かったと思うことはありますか。

Aさん
自分の役割と責任があって、成長のための土台があるという安心感はあります。

吉田
現在、求職中の方へ一言!

Aさん
私は、初めの頃は一つ書類選考に落ちてもその度にがっかりしていましたが、応募を重ねていくなかで、通るところは通るし、通らないところは通らない、と一喜一憂とせずに就職活動をすることができるようになりました。応募書類・面接の反省や改善を重ねていく一方で、必ず自分を必要としてくれる企業があると信じて頑張ってください。

                    

吉田
長い時間お付き合いいただきまして、ありがとうございました。

Aさん
ありがとうございました。

インタビューを終えて

Aさんはとにかくガッツのある方でした。その良さを書面でアピールしていただき、見事の内定を取られました。法務実務セミナーや就職セミナーなど当社を信じてサービスをご利用いただき、ありがとうございました。

司法試験経験者の内定までの道のりに戻る



インターンシップ生募集中


フリーダイヤル


法務派遣


TKC

LINEで送る

legalmapをフォローする


メールマガジンの登録     バックナンバー

司法試験受験生、ロースクール生、司法修習生の就職支援実績

内定者インタビュー

就職したその後の活躍

突撃!法務インタビュー

面接官インタビュー


就活虎の巻




法務経験者向けのサービス

Legal Map Career リーガルマップキャリア
実務経験者の方はこちら

企業法務ナビ


出版のお知らせ


英治出版より出版しました。