司法試験経験者、法科大学院卒業生(ロースクール卒業生)、司法修習生の就職支援::Legal Map

証券会社に就職(31歳 男性)


インタビュー


ロースクールを卒業後、More-Selectionsのキャリアカウンセリングを経て、証券会社へ就職されたAさんに、インタビューをさせていただきました。

インタビュアー:上原(株式会社More-Selections代表取締役)




上原
この度は、ご就職おめでとうございます。
現在、既に就業されていますが、入社されて率直な感想を聞かせてください。

Aさん
ありがとうございます。
私は、まだ入社して間もないのでなんとも言えないところもありますが、仕事も大事ですが、人と人との付き合いが大事だとあらためて実感しました。
また、恵まれた会社に就職できたからか、あまり理想と現実のギャップを感じません。

上原
社内外の人達と良い関係を作っていくことで仕事がスムーズに進むことは多々ありますね。
それでは次に就職活動について質問させてください。
就職活動をして一番つらかったこと(苦労したこと)はなんですか?

Aさん
ロースクールを卒業後、31歳にもかかわらず実務経験が無いという理由で、履歴書審査の段階で落とされることが多かったこと、ある会社の面接で、私の人柄をかなり評価していただいた反面、その人柄だからこそ法務の仕事には向かないと面接ではっきりと言われたことです。

上原
そのなかで、現在の会社に決めた理由は何ですか?

Aさん
様々なことを学べる基盤が有り、今後自分が成長できる可能性が一番あると考えたからです。

上原
なるほど、自分が成長できる環境に身を置くことはとても重要なことですね。
素晴らしい考えだと思います。
それでは最後に現在、就職活動中の司法試験受験生の方に一言ください。

Aさん
私のような30代の就職活動は、一般的な視点から言うと、厳しいものになると思います。
しかし、どんなに履歴書で落とされようと、面接で落とされようと決してめげないで下さい。
年齢や、択一試験に受かっていないからという理由だけで履歴書や面接で落とすような会社とは縁がないと思っていいと思います。
これから就職して新たなキャリアを築いていく上で、一番肝心なスタートで妥協してはなりません。
もちろん、理想だけでは就職できないことは確かです。
しかしながら、少しでも自分が理想とする会社で働けるように自分を磨きながら前を向いて頑張ってください。


インタビューを終えて

Aさんとの出会いは、More-Selectiosが開催しているセミナーでした。
その後、何度かカウンセリングをさせていただき、現在の会社に就職されました。
Aさんには自分のおかれている状況を把握していただき、何をすればよいのか、何を考えればよいのかを徹底的に考えていただきました。
とても社交性のあるAさんは、必ず証券界でご活躍されると思います。


司法試験経験者の内定までの道のりに戻る




インターンシップ生募集中


フリーダイヤル


法務派遣


TKC

LINEで送る

legalmapをフォローする


メールマガジンの登録     バックナンバー

司法試験受験生、ロースクール生、司法修習生の就職支援実績

内定者インタビュー

就職したその後の活躍

突撃!法務インタビュー

面接官インタビュー


就活虎の巻




法務経験者向けのサービス

Legal Map Career リーガルマップキャリア
実務経験者の方はこちら

企業法務ナビ


出版のお知らせ


英治出版より出版しました。