法科大学院修了生(ロースクール生)、司法試験・予備試験経験者、司法修習生の就職支援::Legal Map

ページトップへボタン


ベンチャー企業の法務部に就職(女性)


インタビュー


More-Selectionsのキャリアカウンセリングを経て、東証一部上場企業の法務部へ就職されたAさん(仮称)に、インタビューをさせていただきました。

インタビュアー:元司法試験受験生 吉田 昌矢 (株式会社More-Selections専務取締役)




吉田
この度は、ご就職おめでとうございます。

Aさん
ありがとうございます。

吉田
A様から一番最初にメールをいただいたときは、少し落ち込んでいましたよね?

Aさん
そうなんです。そのときは、就職活動中で一番最悪な状況でした。
ある大手の人材紹介会社へ行ったところ「司法浪人に、紹介できる仕事なんてない!」と言われ、私の話も聞かず、一方的に興味のない案件を紹介されました。

吉田
そうでしたね。
そのメールを見た代表の上原は大変激怒して、「吉田、なんとかして来い!」と大騒ぎでした。

Aさん
ご迷惑おかけしました。

吉田
いえいえ、そもそも当社は、そのような方をサポートさせていただくことを目的としておりますので、大歓迎です。
でも、Aさんと実際にお会いして、非常にお話が上手く、表情が豊かな方だったので、「この人はすぐに就職できるな」と直感で思いました。

Aさん
ありがとうございます。
私は、職業経験がない自分が法務部の就職を決めるためには、とにかく「行動」することが大事だと考えました。
そのなかで、More-Selectionsさんのキャリアコンサルティングを利用させていただきました。
コンサルタントの方も司法浪人経験がある方だったので、「なぜ、弁護士を目指したのか」という事からお話を聞いていただき、自分の考えをもう一度、整理することができました。

吉田
今後は、どのようなキャリアプランを描かれているのですか?

Aさん
当分は今の会社で経験を積み、自分の人生の方向性を考える時間を作りたいと思います。
私は社会、特に女性のために役に立てる人間になることが目標です。


吉田
すばらしい目標だと思います。
それでは、最後に就職活動をされている司法試験受験生にアドバイスをいただけますか?

Aさん
とにかく「行動」することだ思います。
セミナーに参加したり、人と会ったりしながら、自分の考えを固めていくことが大事だ思います。
一人で考えても、考える素材がないので、発展しません。
あと面接対策として、就職先のホームページを熟読してから面接に望みました。
相手方の情報を知っておくと、先方の質問もスムーズに答えることができますから。


吉田
「行動」することは大事ですね。
本日はお忙しいなか、インタビューにご協力いただき、ありがとうございました。
それでは、新しく始まる社会人生活、楽しんでください。

Aさん
はい。ありがとうございました。


インタビューを終えて

上原(More-Selections代表取締役)

Aさんの素晴らしいところは、人材紹介会社に望み通りの就職は出来ないと言われたにも関わらず、その時の悔しさをバネに行動し続けた事だと思います。
就職活動も、ビジネスも、前向きに物事を考え、取組み続ける事が大事です。
残念ながら、現在の人材紹介会社には、人をモノのように扱う会社が存在します。
More-Selectionsでは、司法試験受験生に適した人材紹介会社を紹介しておりますので、是非ご相談ください。


司法試験経験者の内定までの道のりに戻る




インターンシップ生募集中


フリーダイヤル


法務派遣


TKC

LINEで送る

legalmapをフォローする


メールマガジンの登録     バックナンバー

司法試験受験生、ロースクール生、司法修習生の就職支援実績

内定者インタビュー

就職したその後の活躍

突撃!法務インタビュー

面接官インタビュー


就活虎の巻




法務経験者向けのサービス

Legal Map Career リーガルマップキャリア
実務経験者の方はこちら

企業法務ナビ


出版のお知らせ


英治出版より出版しました。