法科大学院修了生(ロースクール生)、司法試験・予備試験経験者、司法修習生の就職支援::Legal Map

ページトップへボタン


就職活動Q&A


就職活動に関する質問・お悩みを掲載しています。就職活動に関する質問・お悩みがある方は、お問い合わせよりご連絡ください。

Q)法務求人は、英語力を求められる求人が多いのですが、なぜでしょうか

国内市場が停滞する中で海外での取引の割合を増やす企業が増えています。取引先が海外ですから、必然的に契約書、交渉は全て英語でなされます。法務キャリアを歩まれる方が「英語を勉強しない」というのは、法律を勉強しないことと同じくらい致命的です。10年後は、英語ができる法務担当者がスタンダードになることを考えると、今から少しずつ勉強していくことが必要です。

ただ、TOEICの点数を上げてから、就職活動をするというのはあまりにも遠回りなので、英語を勉強しながら就職活動を続けましょう。具体的にどのような英語の勉強をしているのか、自己PRすることで、「英語の必要性を認識していること」はアピールすることができます。

英語の勉強をこれから始める方は、まずはTOEICで700点オーバーを目指してください。勉強癖があることは司法試験経験者の強みですので、勉強を続けながら就職活動をしてください。
 
「よくある質問集」一覧に戻る






インターンシップ生募集中


フリーダイヤル


法務派遣


TKC

LINEで送る

legalmapをフォローする


メールマガジンの登録     バックナンバー

司法試験受験生、ロースクール生、司法修習生の就職支援実績

内定者インタビュー

就職したその後の活躍

突撃!法務インタビュー

面接官インタビュー


就活虎の巻




法務経験者向けのサービス

Legal Map Career リーガルマップキャリア
実務経験者の方はこちら

企業法務ナビ


出版のお知らせ


英治出版より出版しました。